ブログ運営

【2019年版 全ページ写真解説】手書き文字・イラストを画像に入れる方法【全部無料】

こんにちは、あきやまです。

激アツな人
ぼくのアツい手書き文字をアイキャッチ画像に入れられませんか!?
もちろん全部無料でできますよ!全ページ画像付きで解説していきますね。
秋山

手順のイメージ

【手順①】手書き画像・イラストを書く
【手順②】アプリ「Ibis paint」でスマホカメラで手書き文字・イラストを取り込む
【手順③】編集して透過PNG(文字以外の背景部分がない画像)化

方法の解説以外に、実例としてぼくのアイキャッチ画像作成を掲載してみますね。

この画像を例に解説していきます。

ちなみに、手書き文字で説明していきますがイラストでも同じ方法で可能ですので参考にしてください。

 

 

【手順①】手書き文字・イラストを書こう

【手順①】手書き文字・イラストを書こう

悩める人
パソコンのフォントだとイマイチしっくりくるものがないんだよなぁ

手書き文字を入れたいという場合、目的はいくつかあると思います。

メモ

・良いフォントが見つからない

・画像にインパクトを与えたい

・書道やオリジナルフォントなどの特技をいかしたい など

ぼくは2つめの「インパクトを与えたい」という思いから、筆ペンでの手書き文字を画像に挿入しています。

下の画像の囲み部分が手書きの部分ですね。

手書き部分

背景ですが、基本的には白いものに書いた方があとからの処理が楽です。

また、同じ理由で余計な文字が写り込まない方がいいですよね。

ポイント

・背景は白で書いたほうが後処理が楽

・他の文字はなるべく入らないようにする

ぼくは、上記のポイントを完全無視してiPhoneで撮影してしまいました(笑)

「全ページ」が気に入らず、2回書いていますし。

元画像

ちなみに、上手とかは関係なく筆ペンでの文字はおすすめです。

ぼくも書道は習ったことがありません。

でも、なんとなくやってみたら太い字がかけますし、誰でもフォントとか考えずに手軽に書けます。

不安だったら、「書きたいワード+毛筆」で画像検索してみると参考になる画像を見つけられるかも。

 

ではこれを処理して、画像に入れていきましょう。

【手順②】アプリ「ibis paint」で手書き文字を取り込む

ちなみに、ここからはiPhoneで説明していきますがアンドロイドでも利用できます。

iOSユーザーはこちら

Android ユーザーはこちら

このアプリは基本、全て無料で使えます。

今から解説していく機能は問題なく無料で使えますよー。

 

画像を取り込む

では、アプリを立ち上げて、画像を取り込みましょう。

 

 

まず、「マイギャラリー」をタップします。
画像取り込み

 

左下の「+」をクリック

 

1番上の「写真読み込み」を選び、画像を選択します。

画像サイズを聞かれたら「推奨」のものを選びましょう。(どれでもO.K)

アイビスペイント

画像が取り込まれると思います。

 

線画抽出をする

最初の画面に、「線画抽出」について聞かれるので「OK」をタップ。

線画抽出

 

調整するバーが表示されるので、いい感じにします。

アイビスペイント

 

いい感じになったら、チェックボタンをタップ。

線画描写

 

これで、あとはいらない部分を切り取って消せば完成ですね。

 

不要箇所を切り取る

次は、不要なところを切り抜きます。

 

左下、左から2番目のアイコンをタップ。

切り抜き

 

たくさんアイコンがでてきますので、「キャンバス」をタップします。
切り取り

 

青い選択ボックスが出てきますので、いい感じに調整です。

切り取り

 

こんな感じですね。

切り取り選択

 

いい感じになったら、右下のチェックをタップ

完了タップ

 

切り取り完了です。

完成

あとは、保存すれば完了ですね。

 

保存は、右下の「⇦」をタップ。(①)

白い部分を透けさせるには「透過PNG保存」をタップ(②)

 

以上で写真フォルダに文字だけのPNG画像が保存されます!

あとは、載せたい画像に貼り付けたり、オーバーレイ(重ねる)したりすればアイキャッチ画像のように
画像に手書き文字・イラストを入れる方法
こんな感じにできますね。

この画像を作成した「canva」というサイトの使い方はまた追記していきますね。

-ブログ運営
-, ,

Copyright© あきやまぶろぐ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.